おまとめローンとは

複数のローン会社から借入をしていると、毎月の返済額が負担になったり返済日が複数になって返済管理がしずらくなったりすることがあります。
そのような利用者をサポートするのが「ローンの一本化」の本来の目的です。

一本化のメリット

毎月の合計返済額を少なくできる

一般的には一本化する前よりも一本化した後の方が毎月の合計返済額を少なくすることができます。
したがって毎月の返済額の負担が軽減します。

毎月の返済日を1つにできる

月に返済日が複数あってバラバラになっていると返済日を忘れてしまう恐れもあります。
一本化すると毎月の返済日を1つにすることができるので、そのような心配をする必要もなく返済管理が簡素化されて心理的にも楽になります。
金利を低くできる
一般的に金利は一本化する前よりも低いもので一本化します。
これにより返済期間と返済総額を一本化前よりも少なくすることも可能になります。

一本化の注意点

一本化によって返済期間と返済総額が増えるケースもあるので注意が必要です。
一本化する際に「毎月の負担を減らしたい」という気持ちで毎月の返済額の設定を下げ過ぎることがあります。
毎月の返済金額を下げ過ぎれば返済期間が長くなり金利を支払う期間も長くなります。
一本化によって低金利になっても返済期間が長くなれば一本化前よりも返済総額が増加する場合も出てきます。
したがって一本化を行う際には毎月の返済額と共に返済総額も含めて計画する必要があります。

おまとめローン

おまとめローンは複数のローン会社から借入をしている人を対象に通常低金利で一本化の借り換えを可能にするカードローンです。
借入限度額が大きいほど、小口の借入はもちろん大口の借入の一本化にも対応することができます。
しかし、おまとめローンであっても消費者金融の場合は総量規制の対象となるので、借入金の総額が年収の3分の1を超えることができません。
この点、銀行の「おまとめローン」は総量規制の対象外となるので一般的に借入限度額が大きく設定されています。
上述したようにおまとめローンは毎月の合計返済額を少なくできたり返済管理を簡素化できたりするなどのメリットがあります。
しかし複数のローンをまとめる「おまとめローン」にも審査があります。
おまとめローンは一般的に借入額も大きくなり金利も低く設定されますが、そうなると審査も厳しくなることが予想されます。
現在の借入れ件数が基準以上になっていると審査が通りにくくなるようです。
また現在の借入れ件数が少なくても直近の返済状況に問題があれば当然審査が通りにくくなります。
要するに現在の借入れ件数や直近の返済状況等を総合的に調査して返済能力を判断することになります。

人気サイト

○タイトル:キャッシング審査KS8|審査通過を目指す!おすすめ借入ランキング
○参考URL:http://www.ssehvusa.org/

 

キャッシングで審査なしのローンは存在しないため、必ず審査に通る必要があります。
こちらでは審査に通過するためのコツだけでなく、毎月の返済額を減らす方法が紹介されているので初めてキャッシングする方におすすめのサイトです。


このページの先頭へ戻る